MENU

より早く融資を受けたい!

事業を営んでいる方や開業しようとしている方、教育資金が必要な方、といった方々がお金を借りようとするときに思いつくのが国金・国民生活金融公庫だと思います。

 

ちなみに今は国民生活金融公庫は農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫、国際協力銀行と統合して日本政策金融公庫(日本公庫)となりました。

 

国金(こっきん)は100%政府出資の政策金融機関なので安心ですし、金利も比較的低金利に設定されていることから人気が高いです。

 

経営者

ただ、デメリットといえるものもあり融資が実行されるまでに1カ月程度、長い場合は2、3か月程度かかると言われています。これでは急いでいる場合間に合いませんよね・・・。

 

1週間以内に現金を用意しないといけないのに、審査結果が1か月後というのでは明らかに遅いですね。そんな間に倒産してしまう可能性もあります。

 

しかも、面談での審査や事業計画書が必要だったりと手続きがややこしく面倒な部分もあります。

 

なので、お金を借りる選択肢の一つとして銀行等のカードローンや一般のビジネスローンもいいと思います。

 

特に銀行カードローンだと安心感はあるうえ、低金利、高額融資可能、審査も早い、使い道自由なのでかなりお勧めできます。今すぐに使わない場合でも一枚は作っておくと便利ですね。

 

一般のビジネスローンも審査が早くスピーディーな対応をしてくれるので、急激なビジネスシーンにも対応できます。

 

そこで、お勧めの銀行カードローン、ビジネスローンを紹介しておきますので参考にしてください。

 

 

お勧めのビジネスローン・銀行カードローン

 

ビジネクスト

ビジネクスト
やはり、まずおすすめしたいビジネスローンはビジネクストですね。ビジネクストはすでに40,000名もの経営者の方たちが利用しているという実績がありますからね。無担保・無保証で最大1,000万円まで可能です。
国金もいいと思いますが、このビジネクストはいざというときに事業者の方の助けとなってくれますので私的にはかなりおすすめですよ。

≫ビジネクストの詳細はこちら

 

アコム

アコム
急いでお金が必要だという方は、アコムがかなりスピーディーに対応してくれます。最短ですと、その日のうちに銀行口座に振り込んでもらうことも可能ですし、むじんくんにいけば、土曜日・日曜日・祝日でもカードを作って借入することが出来ますからね。
個人的にお金が必要な場合も多いと思いますので、そういうときの為にも事前にアコムのカードを持っていれば安心はできますよね。いざってときに財布に何もなかったら…。

≫アコムの詳細はこちら

 

 

個人事業主の悩み

 

毎日が戦々恐々

 

ほそぼそと10年ほど、Webサイト制作やイラストなどのデザインをSOHO(自宅作業)でやっています。「会社」という団体行動に慣れなくて、派遣でいろいろなスキルを積んでの出発でした。

 

SOHOで一番大変なのは、何もかも自分一人でやらなければならないことです。人と話すのが苦手なのに営業、数字を見るとクラクラするのに経理…制作だけに打ち込めないというジレンマに陥ります。

 

デザインという作業は時間が経てば出来上がるというものではないので、集中したいときに、電話や事務処理に終われたり…また、自宅でやっているので、いろいろな雑務がちまちまと入り込んできます。

 

その次に、悩みの種が、相場の料金があってないようなものなので、作業に見合う収入がないことです。「デザイン」という結果がすぐにでないもの、数字になって現れにくいものなので、良心的な値段で交渉しても必ず値切られてしまいます。

 

Webサイトも、アップさえしたらすぐにでもお客さんがわんさか来ると思っているクライアントさんが多いので、怒られることもしばしばです。

 

また、パソコンでするんだから、簡単にできると思われている方が多いです。それをするのにこれだけの時間がかかり、これこれこういう作業をするので、これくらいの料金が…と言っても聞き入れてもらえません。

 

テレビドラマでは、アヤシイWebデザイナーやIT企業社長とかが出てくるので、色眼鏡で見られてしまうこともあります。

 

個人事業でがんばるにしても、一人ではなくて、それぞれの分野に向いている人を雇うことをお薦めします。そして、「自分の仕事に自信と誇りを持って妥協しない・折れない」ことも。

 

 

個人事業主になって思う3つの悩み

 

個人事業主として、5年が経過しました。事業運営を行っている最中に、私には三つの悩みがあることに気づきました。

 

一番の大きな事業主としての悩みは、収入が安定しないことです。私には家族がおりますが、当然、路頭に迷わす訳には行きません。せめて標準的な生活レベルを体感してもらいたいという気持ちが、家族には言えませんが、一番の大きなプレッシャーになっています。

 

二番目に、事業の柱に関してです。上記の収入安定のテーマにも繋がるものになりますが、現状、事業の柱と言えるものは一つしかありません。リスクを分散させる為にも、事業の柱(収益源)を複数化させる必要があります。

 

次の(未来の)柱はスクラップ&ビルドをしている最中です。なかなか理想通りにはいきません。柱の試作品を作るにも費用が掛りますし、辛いところです。

 

三つ目ですが、人材の確保が悩みです。個人事業主として小規模にビジネスを行っておりますが、運営する為には、アルバイト方の力を借りる必要があります。

 

今まで採用したアルバイトの方の中には優秀な方も多いのですが、優秀と感じる方は、学生で就職先が見つかれば、辞めることになります。魅力的な給与や福利厚生を用意して、社員として雇う程の資金力を早く身に付けたいものです。

 

 

途切れる入金

 

夫は個人事業主でSEをしています。

 

先日、契約していた仕事が終了しました。今も次の仕事が決まっていません。仕事が忙しいので、仕事をしながら次の案件を探す、というのがなかなか出来ないのです。

 

仕事が途切れてもう1ヵ月以上経ってしまいました。案件はいろいろとあるようですが、スキルが合わなかったり、契約社員じゃないとダメだったりとなかなか難しいようです。

 

来月からは、こういう時の為に貯めておいたお金を切り崩して生活しなくてはなりません。個人事業主の場合、月末締めで翌々月末入金という所が多いので、仮に今仕事が決まってすぐに働きだしたとしても、入金になるのが1月末。年内はもう入金がありません。

 

この状態で年越しをしなくてはいけません。来月まで仕事が決まらなければ、入金も2月末までずれ込みます。

 

もう11月も後半になってきてますから、今から働いても、次回の入金はごくわずか。2月末まで今あるお金でなんとかやりくりしないといけないです。

 

毎月こういう時のために貯金とは別にお金を残しておくのですが、このお金を貯金に回したいというのは本音です。

 

国民年金だけでは老後の生活は出来ないでしょうから今のうちにしっかりとお金を残しておきたいのですが、度々こういう事があるとなかなか貯金も出来ません。